笠岡市長から市民の皆様へのメッセージ(R3.6.7)

 6月3日,農政水産課に勤務する本市職員2名の新型コロナウイルス感染症の感染が確認され,農政水産課職員全員のPCR検査を実施していましたが,6月4日までに陽性が確認された2名以外の職員については,全員陰性が確認されました。市民の皆さまにはご心配とご不安をお掛けしました。
 陽性が確認された2名以外の職員について,PCR検査が陰性であったこと,現時点で農政水産課に発熱などの体調不良を訴える職員がいないことから,農政水産課は本日6月7日から職員が出勤し,通常どおり業務を行っています。

 現時点で岡山県からは職員や来庁者に濃厚接触者はいないと連絡を受けていますが,笠岡市役所及び農政水産課に来庁された方で,発熱や体調不良等がある場合は新型コロナウイルス受診相談センター(備中保健所井笠支所:0865−69−1675)又は,かかりつけ医に相談していただくようお願いします。

 本市業務については,職員のマスク着用や定期的な消毒及び換気,出勤前の検温,職員自身や家族の体調管理などの感染防止対策に加え,緊急事態宣言後は在宅勤務,分散勤務,時差出勤なども実施しながら業務を継続しています。
 また,本市職員が感染した事実を重く受け止め,職員に対してさらなる感染予防対策の徹底を指示してまいります。

 岡山県の新型コロナウイルス感染症の新規感染者は減少傾向にありますが,新規感染者の約半数が感染経路不明となっており,誰もが新型コロナウイルス感染症に感染する可能性があります。当該職員,そのご家族などの人物の特定,誹謗中傷,差別などは絶対に行わないようお願いいたします。

 なお,緊急事態宣言延長に伴い,「岡山県新型コロナウイルス感染症緊急事態措置」を6月20日まで延長しています。
 引き続き,マスク着用,手指消毒などの感染予防対策の徹底と「新しい生活様式」の実践をお願いします。
 市民の皆様におかれましては,非常に厳しい状況が続きますが家族の命と健康を守るため,より一層気を引き締めて,感染予防対策に取り組んでいただき,1日も早く元の生活に戻れるよう,私たちの心をひとつにこの非常事態を乗り越えていきましょう。

令和3年6月7日
笠岡市長 小林嘉文

笠岡市危機管理課
0865-69-2222